コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心王 しんのう

4件 の用語解説(心王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心王
しんのう

仏教用語。心作用の主体となる識のこと。心王に従属して働きをなすのが心所である。心所の王という意味からこの名称が生れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐のう〔‐ワウ〕【心王】

《「しんおう」の連声(れんじょう)》仏語。心それ自体のこと。心は個別の精神作用に対し、総体を認識する主体であるところから王といったもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

心王 しんのう

?-? 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。美濃(みの)(岐阜県)大円寺峰翁祖一(ほうおう-そいち)(1274-1357)の法をつぐ。因幡(いなば)(鳥取県)に大興寺,宗興寺をひらいた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心王の関連情報