心王(読み)しんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心王
しんのう

仏教用語。心作用の主体となるのこと。心王に従属して働きをなすのが心所である。心所の王という意味からこの名称が生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しんのう【心王】

〔「しんおう」の連声〕
〘仏〙 心の主体。特に、対象の全体を認識する働きをする。心しん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐のう ‥ワウ【心王】

〘名〙 (「しんおう」の連声) 仏語。心のはたらきの主体である識。対象の総体をとらえる。対象の総体および部分に対して個別的にはたらく心所(しんじょ)をその従属作用とする。六識・八識などをいう。
即身成仏義(823‐824頃)「心王心数其数無量」 〔北本涅槃経‐一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android