忝あり(読み)カタジケアリ

デジタル大辞泉の解説

かたじけ‐あ・り【×忝あり】

[動ラ変]かたじけない。「かたじけなし」をふざけて言った語。元禄(1688~1704)のころの遊里ではやった。
「埴生(はにふ)の小屋へのお立ち寄り、―・りといふものぢゃ」〈浮・置土産・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたじけあり【忝あり】

( 動ラ変 )
〔「かたじけなし」をふざけて言いかえたもの。元禄(1688~1704)頃の遊里の流行語〕
おそれ多い。恐縮である。 「はにふの小屋へのお立寄り、-・りというものぢやと/浮世草子・置土産 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android