コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忝あり カタジケアリ

デジタル大辞泉の解説

かたじけ‐あ・り【×忝あり】

[動ラ変]かたじけない。「かたじけなし」をふざけて言った語。元禄(1688~1704)のころの遊里ではやった。
「埴生(はにふ)の小屋へのお立ち寄り、―・りといふものぢゃ」〈浮・置土産・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたじけあり【忝あり】

( 動ラ変 )
〔「かたじけなし」をふざけて言いかえたもの。元禄(1688~1704)頃の遊里の流行語〕
おそれ多い。恐縮である。 「はにふの小屋へのお立寄り、-・りというものぢやと/浮世草子・置土産 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

忝ありの関連キーワード浮世草子遊里