怖震(読み)うぞぶるう

  • うぞぶる・う ‥ぶるふ
  • おぞぶる・う ‥ぶるふ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ハ四〙 (「うぞ」は「おぞ」の変化したものという) 恐ろしさのためにぶるぶる震える。恐れおののく。おどふるう。
※浄瑠璃・五十年忌歌念仏(1707)中「下部(しもべ)共、衣裳を剥(は)いで振袖の、汚れし綿衣(めんえ)に着せ換ゆれば、さしも美形の清十郎、山田の案山子(かがし)とうぞぶるひ」
〘自ハ四〙 恐れて身震いする。おどぶるう。
※浄瑠璃・出世握虎稚物語(1725)二「気味が悪いとおぞぶるふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android