コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気味 キビ

デジタル大辞泉の解説

き‐び【気味】

《「きみ」の音変化。また「び」は「味」の漢音とも》気持ち。心持ち。
「―が悪くって居ても起(た)っても居られませんもの」〈漱石・琴のそら音〉

き‐み【気味】

ある事態や物事から受ける感じ。また、その感じた気持ち。きび。「気味が悪い」
「総て―のよい、きらびやかな、うつくしい、月は」〈二葉亭訳・めぐりあひ〉
いくらかその傾向にあること。「かぜの気味がある」
香りと味。
「喉(のど)渇き口損じて、―も皆忘れにけり」〈盛衰記・一一〉
物事の趣。味わい。→気味(ぎみ)
「閑居の―もまた同じ」〈方丈記

ぎ‐み【気味】

[接尾]名詞や動詞の連用形に付いて、そのような傾向やようすがある意を表す。「風邪気味」「焦り気味」「太り気味

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きび【気味】

〔「きみ」の転か〕
心持ち。気持ち。 「いい-だ」 「 -の悪い奴/真景累ヶ淵 円朝

きみ【気味】

心身に感ずる、快・不快の気持ち。きび。 「 -の悪い話」 「いい-だ」
幾分、そのような傾向があること。 「社会不安の-がある」 「慢心の-」 → ぎみ(気味)
香りと味と。 「喉乾き口損じて、-も皆忘れにけり/盛衰記 11
けはい。おもむき。 「道をたのしぶより-ふかきはなし/徒然 174」 → ぎみ(気味)
[句項目]

ぎみ【気味】

( 接尾 )
名詞や動詞の連用形に付いて、そのような様子、そうした傾向にあるさまを表す。 「風邪-」 「疲れ-」 「株価は上がり-だ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

気味の関連キーワード売り惜しみ・売惜しみブラックユーモア引き緩む・引緩む暗がりに鬼を繫ぐnose upハスキーボイスソステヌートつながり気味御上りさん真景累ヶ淵つべたましお安くない気味がいい面あ見ろ気味悪い上手捻りトロット労瘵気質気味好い風邪気味

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気味の関連情報