気味(読み)きみ

精選版 日本国語大辞典「気味」の解説

き‐み【気味】

〘名〙
① 物のにおいと味。多く食べる物について用いられる。きび
※海道記(1223頃)橋本より池田「水上の景色は彼も此も同けれども潮海の淡鹹は気味是異なり」
※源平盛衰記(14C前)一一「喉乾き口損じて、気味(キミ)も皆忘れにけり」 〔杜甫‐謝厳中丞送乳酒詩〕
② おもむき。けはい。風味。また、特に、深くてよい趣や味わい。きび。
※方丈記(1212)「閑居の気味もまた同じ」
※徒然草(1331頃)一七四「人事おほかる中に、道をたのしぶより気味ふかきはなし。これ実の大事なり」
※俳諧・三冊子(1702)赤双紙「酒にはげたる頭成らん 双六の目を覗出る日ぐれ方 気味(キミ)の句也。終日、双六に長ずる情以て、酒にはげぬべき人の気味を付たる也」 〔白居易‐寒食江畔詩〕
③ 心身に感じること。また、その感じた心持。気持。きび。多く、「良い」「悪い」を伴って用いられる。
※歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)上「小判一万両、おお、よいきみよいきみ」
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「何か可厭(いや)な事のあるのを裹(つつ)むのではあるまいかと気味(キミ)を悪がって」
④ いくらかその傾向にあること。また、その傾向。かたむき。きび。
※志都の岩屋講本(1811)上「薬の病にきく処は呪禁(まじなひ)の気味が有る故」

き‐び【気味】

〘名〙 (「きみ(気味)」の漢音よみとも、「きみ(気味)」の変化した語ともいう)
① 物のにおいと味。きみ。
※色葉字類抄(1177‐81)「気味 飲食部 キビ
② おもむき。また、様子。きみ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※俳諧・毛吹草(1638)六「よききびにかひしうつらの高音哉〈肥前衆〉」
③ 心持。気持。気分。きみ。
※虎明本狂言・萩大名(室町末‐近世初)「一口くふてみたひきびか有よ」
④ いくらかその傾向にあること。また、その傾向。きみ。

ぎ‐み【気味】

〘接尾〙 名詞や、動詞の連用形に付いて名詞、形容動詞をつくり、そのような様子、傾向にあることを表わす。…の様子。「かぜ気味」
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉下「前方へ曲(こご)み気味に、叔父をよく見ようとするやうな眼付をした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「気味」の解説

き‐み【気味】

ある事態や物事から受ける感じ。また、その感じた気持ち。きび。「気味が悪い」
「総て—のよい、きらびやかな、うつくしい、月は」〈二葉亭訳・めぐりあひ〉
いくらかその傾向にあること。「かぜの気味がある」
香りと味。
のど渇き口損じて、—も皆忘れにけり」〈盛衰記・一一〉
物事の趣。味わい。→気味ぎみ
「閑居の—もまた同じ」〈方丈記
[類語]傾向傾き性向趨勢すうせい趨向すうこう動向流れ大勢たいせいトレンド動き大局成り行き形勢旗色情勢

き‐び【気味】

《「きみ」の音変化。また「び」は「味」の漢音とも》気持ち。心持ち。
「—が悪くって居てもっても居られませんもの」〈漱石・琴のそら音〉

ぎ‐み【気味】

[接尾]名詞や動詞の連用形に付いて、そのような傾向やようすがある意を表す。「風邪気味」「焦り気味」「太り気味

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「気味」の解説

【気味】きみ

おもむき。けはい。風味。唐・杜甫〔厳中丞の青城山の道士の乳酒一瓶を送られしを謝す〕詩 山酒、雲より下る 氣味濃香にして、幸ひにしてたる

字通「気」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android