コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思う人 オモウヒト

デジタル大辞泉の解説

おもう‐ひと〔おもふ‐〕【思う人】

[連語]
いとしい人。恋人。おもいびと。
気の合った人。親しい友。
「鶉(うづら)鳴く古りにし郷(さと)の秋萩を―どち相見つるかも」〈・一五五八〉
自分をいとしく思い、かわいがってくれる人。
「ちひさき人は、ただ―にむつるるものなり」〈宇津保・楼上上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもうひと【思う人】

心の合う人。親しい友人。 「古りにしさとの秋萩を-どち相見つるかも/万葉集 1558
恋しく思う人。 「 -来むと知りせば/万葉集 2824
自分をかわいがってくれる人。 「まづは-にさまざまおくれ/源氏 若菜下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

思う人の関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とサッカー思う・想う・念う・憶う・懐う未病(みびょう)行き手・行手我と思わん者夜の衣を返すハイヌウェレ浮き寝の鳥賀茂別雷命丑の時参り命を捧げる心夫・心妻懸想文売り夢の直路不快昆虫思ひ差し雇用理論頼もし人頼もし所

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思う人の関連情報