恋人(読み)コイビト

デジタル大辞泉の解説

こい‐びと〔こひ‐〕【恋人】

恋しく思う相手。普通、相思相愛の間柄にいう。「恋人にあう」「恋人ができる」
[用法]恋人・愛人――「恋人」は恋しいと思っている相手で、多く相思相愛の間柄についていうが、片思いの場合にも使うことがある。「スクリーンの恋人」◇「愛人」は、かつては「恋人」の漢語的表現として同義に用いたが、現在では多く配偶者以外の恋愛関係にある相手をいい、一般に肉体関係があることを意味する。「情婦」「情夫」の婉曲的な言葉として使われる傾向もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

恋人

1951年公開の日本映画。監督・脚色市川崑、原作:梅田晴夫によるラジオドラマ作品『結婚の前夜』、脚色:和田夏十、撮影:横山実。出演:池部良久慈あさみ千田是也、村瀬幸子、北林谷栄、横尾泥海男、森繁久彌ほか。

恋人

日本のポピュラー音楽。歌はシンガーソングライター、徳永英明。1989年発売。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

こいびと【恋人】

恋しく思う人。相思の間柄にある、相手方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こい‐びと こひ‥【恋人】

〘名〙 その人が恋しく思っている相手。現代では特に、お互いに恋しく思い合っている場合の相手をいう。恋愛の相手。愛人。情人。おもいびと。
※閑窓撰歌合(1251)「こひ人の心は遠く成りにけりわする計の月日ならねど〈藤原信実女〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恋人の関連情報