コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思ひ当つ オモイアツ

デジタル大辞泉の解説

おもい‐あ・つ〔おもひ‐〕【思ひ当つ】

[動タ下二]
こうだろうと見当をつける。推定する。
「まだ見ぬ御様なりけれど、いとしるく―・てられ給へる御そばめを」〈・夕顔〉
考えて割り当てる。
「女房の中にも、品々に―・てたる際々(きはぎは)」〈・柏木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもいあつ【思ひ当つ】

( 動下二 )
気づく。思いつく。 「いとしるく-・てられ給へる御側目を見過さで/源氏 夕顔
考えてそれぞれに割り当てる。 「女房の中にも、品々に-・てたるきはぎは/源氏 柏木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

思ひ当つの関連キーワード源氏

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android