女房(読み)にょうぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女房
にょうぼう

もと女官 (にょかん) の個室の意。宮中,院などに仕え,部屋を与えられた高級の女官。上臈 (じょうろう) ,中臈,下臈の3種があり,また一般の貴族に仕える女性をもさした。武家言葉として,女,妻,内儀同義に用いられて今日に及んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐ぼう〔ニウバウ〕【女房】

にょうぼう」に同じ。
「三十余人の―たちを始めとして」〈仮・恨の介・上〉
[補説]「にゅうぼう」と書いて「にょうぼう」の発音を表したもの。

にょう‐ぼ【女房】

にょうぼう」の音変化。

にょう‐ぼう〔‐バウ〕【女房】

2が原義》
妻のこと。多く、夫が自分の妻をさしていう。にょうぼ。「女房に頭があがらない」「恋女房」「世話女房
女官の部屋。また、朝廷に仕える女官で、一人住みの部屋を与えられた者。出身の階級により、上﨟(じょうろう)中﨟下﨟に大別される。
「―の曹司には、廊の廻りにしたるをなむ割りつつ給へりける」〈宇津保・藤原の君〉
貴族の家に仕える侍女。
「かのふる里は―などの悲しびに堪へず、泣き惑ひ侍らむに」〈・夕顔〉
中世・近世、一般に女性、また、愛情の対象としての女性のこと。
「あひそめし―に、はらるれば、せく心出き」〈難波物語〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

女房【にょうぼう】

女官(にょかん)の部屋。また,独立の部屋((つぼね))を与えられた高級女官。上臈(じょうろう)・小上臈・中臈・下臈の区別がある。本名で呼ばず,式部(しきぶ)・伊勢など官名・国名で呼んだ。また,貴族や将軍家に仕える女性の上級者の称で,北の方・春日局(かすがのつぼね)など方角や京の街路名で呼んだ。平安時代から十二単(じゅうにひとえ)のような女房装束を正装とし,鎌倉時代から女房奉書が,室町時代から女房言葉(女房詞)が始まった。
→関連項目竹むきが記たまきはる物語音読論

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にょうぼう【女房】

宮中に房すなわち部屋を与えられた上級女官の総称で,平安中期以降一般化した呼称。上皇以下諸院宮や摂関以下貴族の家に仕える女性も,上級の者は女房と称された。順徳天皇撰の《禁秘抄》などによれば,宮中の女房は,役職や出身によって上﨟・小上﨟・中﨟・下﨟に分けられ,上﨟は二位・三位の典侍(ないしのすけ)(尚侍(ないしのかみ)は事実上消滅)や大臣の女など,小上﨟は公卿の女,中﨟は掌侍・命婦(みようぶ)で殿上人・諸大夫の女,下﨟は侍や神官などの女であり,これらの区別により服装や職務に差が設けられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうぼう【女房】

にょうぼう。 「さもいつくしき-たち/仮名草子・恨の介」 〔「にうばう」は室町から江戸初期に多く見られる表記で、「にょうぼう」と読まれたものと思われる〕

にょうぼ【女房】

〔「にょうぼう(女房)」の転〕

にょうぼう【女房】

〔「房」は部屋の意。女官の部屋が原義。「にょう」は慣用音〕
妻。自分の妻のことをいう場合に多く用いられる。にょうぼ。 「 -の尻に敷かれる」
宮中に仕え、房(=部屋)を与えられて住む女官の総称。出身階級によって上﨟・中﨟・下﨟に大別される。また、院や諸宮・貴人の家などに仕える女性をもいう。 「家の御達、-などのうかがふを/枕草子 3
女性、また愛情の対象としての女性をいう。中世・近世の用法。 「あたりの-をかたらふて、ただ今これへおしよせらるる/狂言・髭櫓」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女房
にょうぼう

房は曹司(ぞうし)(部屋)、すなわち部屋を与えられて貴人に仕える女性。平安中期以後、内侍(ないし)や命婦(みょうぶ)など上級の女官や、院宮・上流貴族に仕える侍女を称する。それに対して蔵人(くろうど)や院宮等の侍臣に用いる「男房(なんぼう)」の語もある。公的地位をもつ女房はもちろん「女官(にょかん)」であるが、この称は女房以下の下級女官のみをさす場合もあった。女房は父・兄弟・夫などの官名にちなんだ「女房名」(伊勢(いせ)、清少納言(せいしょうなごん)など)でよばれるのが通例で、公式の任官や叙位等の記録がない限りほとんど本名は確認できない。『禁秘(きんぴ)抄』には宮中の女房の家柄による品格(上(じょうろう)・小(こ)・中・下)を記している。なお後世「女房」の語は一般的に妻女をさして用いられるようになった。[黒板伸夫]
『角田文衛著『日本の後宮』(1973・学燈社) ▽須田春子著『平安時代後宮及び女司の研究』(1982・千代田書房) ▽浅井虎夫著、所京子校訂『新訂女官通解』(講談社学術文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅう‐ぼう ニウバウ【女房】

〘名〙 「にょうぼう(女房)」の変化した語。→「にょうぼう(女房)」の補注
※とりかへばや(12C後)中「にうばうなどにも、四五人よりほかはみえ侍らねば」
[補注]本項の複合語は便宜、「にょうぼう」の複合語に合わせた。

にょう‐ぼ【女房】

〘名〙 「にょうぼう(女房)」の変化した語。
※談義本・当世下手談義(1752)一「節季に払の心あて違へば、女房(にょうボ)が髪おしみだし」
[補注]本項の複合語は便宜「にょうぼう」の複合語に合わせた。

にょう‐ぼう ‥バウ【女房】

〘名〙 (「房」は部屋(へや)の意)
① 女官のへや。女官の曹司。また、朝廷に仕える女官で、一人住みの房を与えられている者をいう。身分や出身により上臈(じょうろう)、中臈、下臈に分けられて、宮中の雑事をつかさどる。また、院、諸宮、公家、武家などに仕える女、さらには、一般に侍女をもいう。
※小右記‐寛和元年(985)四月三〇日「廿貫、以十貫男方、十貫給女房
② 中世、近世、一般に婦人、または愛情の対象としての女性をいう。女。
※今昔(1120頃か)二七「青ばみたる衣着たる女房の裾取たるが、只独り立たりければ」
③ 中世以後、妻をいう。妻女。近世には、自分の妻を呼ぶとき「女房ども」ともいう。現代では、多少とも卑しめた気持をもっていい、自分の妻のことをいう場合に多く用いられる。
※米沢本沙石集(1283)七「光寂坊の女房并に殿人・資財・雑具、併ら可給候」
④ 宮廷または摂関家の歌合(うたあわせ)などで、天皇や上皇、摂政関白などが、身分を隠すために歌に作者名として記す語。判者が気がねなく勝負の判をすることができるように、女房の作とする。
※類従本元永元年十月二日内大臣忠通歌合(1118)「二番 左〈略〉女房」
[補注](1)「にょうぼう」から変化した語に、「にょうぼ」がある。また、「ねうばう」「にうばう(にうぼう)」と表記されたものも見られ、それは一般には「にょうぼう」と読まれたものと考えられているが、「にうばう」は便宜別項とした。→にゅうぼう
(2)読みの明らかでない例は本項にまとめた。

にょ‐ぼう ‥バウ【女房】

〘名〙 =にょうぼう(女房)〔明応本節用集(1496)〕
[補注]本項の複合語は便宜「にょうぼう」の複合語に合わせた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女房の関連情報