コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏木 カシワギ

デジタル大辞泉の解説

かしわ‐ぎ〔かしは‐〕【×柏木】


カシワの木。
《カシワの木に葉守の神が宿るという伝承から》皇居警備の任に当たる兵衛(ひょうえ)または衛門(えもん)の異称。
「―の木高きわたりより」〈かげろふ・上〉
源氏物語第36巻の巻名。また、主要登場人物の名。頭中将(とうのちゅうじょう)の長男。光源氏の妻、女三の宮との密通を源氏に知られて悶死(もんし)。三の宮は薫(薫大将)を出産後、出家する。

かしわぎ【柏木】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「柏木」姓の人物
柏木義円(かしわぎぎえん)
柏木如亭(かしわぎじょてい)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かしわぎ【柏木】

カシワの木。
皇宮守衛の任に当たる兵衛・衛門の官の異名。 〔柏の木には葉守はもりの神が宿るという言い伝えによる〕

かしわぎ【柏木】

姓氏の一。

かしわぎ【柏木】

源氏物語の巻名。第三六帖。
○ 源氏物語の作中人物。頭の中将の長男。薫の実父。女二の宮の夫。光源氏の妻女三の宮との密通を源氏に知られて悩み病死。柏木右衛門督うえもんのかみ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の柏木の言及

【源氏物語】より

…第1部は,1桐壺(きりつぼ),2帚木(ははきぎ),3空蟬(うつせみ),4夕顔,5若紫,6末摘花(すえつむはな),7紅葉賀(もみじのが),8花宴(はなのえん),9葵,10賢木(さかき),11花散里(はなちるさと),12須磨,13明石,14澪標(みおつくし),15蓬生(よもぎう),16関屋,17絵合,18松風,19薄雲,20朝顔,21少女(おとめ),22玉鬘(たまかずら),23初音(はつね),24胡蝶,25蛍,26常夏(とこなつ),27篝火(かがりび),28野分,29行幸(みゆき),30藤袴(ふじばかま),31真木柱(まきばしら),32梅枝(うめがえ),33藤裏葉(ふじのうらば)。第2部は,34若菜上,35若菜下,36柏木(かしわぎ),37横笛,38鈴虫,39夕霧,40御法(みのり),41幻(まぼろし)。(番外)雲隠(くもがくれ)。…

※「柏木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柏木の関連情報