急急如律令(読み)キュウキュウニョリツリョウ

デジタル大辞泉の解説

きゅうきゅう‐にょりつりょう〔キフキフニヨリツリヤウ〕【急急如律令】

中国漢代の公文書末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうきゅうにょりつりょう【急急如律令】

中国漢代に、公文書の末尾に添えて、急々に律令のように行え、の意を示した語。のち道家・陰陽家・祈禱僧きとうそうなどが魔を払う呪文じゆもんの結びとした。また、誓詞などの末尾にも記した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android