愛馬(読み)アイバ

大辞林 第三版の解説

あいば【愛馬】

かわいがっている馬。
馬をかわいがること。 「 -会」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐ば【愛馬】

〘名〙
① かわいがっている馬。
※玉山先生詩集(1754)四・春日鸞嘯閣集呈大川上人「偏憐愛馬迎師坐、况復啼鶯求友声」 〔梁簡文帝‐蒙預懴悔詩〕
② 馬をかわいがること。
※軍隊内務令(1943)四九「愛馬心及兵器其の他の諸物品に対する尊重心を養し」 〔荘子‐人間世〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の愛馬の言及

【アイマク】より

…遊牧地を共有する遊牧集団が原義のモンゴル語。漢字では愛馬と転写。13世紀の《元朝秘史》に初出する。…

※「愛馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛馬の関連情報