感光性(読み)カンコウセイ

  • かんこうせい カンクヮウ‥
  • かんこうせい〔カンクワウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 写真乳剤のように、物質が光によって化学変化を起こす性質。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の感光性の言及

【感温性】より

…作物の出穂や開花(そのもとになる幼穂や花芽の分化・発育)が温度によって影響される性質をいい,一般に高温で促進され,低温で遅延する。感光性とともに作物の早生(わせ),晩生などの早晩性を決める重要な要因とされているが,温度の影響には,単なる温度の上昇による一般的な生育促進に帰される部分もあり,感光性に比べると品種による特異的な反応の違いは概して小さい。また,その本質も必ずしも明らかになっているとはいえない。…

※「感光性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感光性の関連情報