慌てる乞食は貰いが少ない(読み)アワテルコジキハモライガスクナイ

  • 慌(あわ)てる乞食(こじき)は貰(もら)いが少(すく)ない

デジタル大辞泉の解説

先を争って貰おうとすると、かえって貰いが少なくなるものである。急ぎすぎると、悪い結果を招くという戒め。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あわてるとかえって失敗することを戒めるたとえ。急がば回れ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ことわざを知る辞典の解説

人からめぐんでもらって生きている乞食が、いくら慌てて回りをし、ほかの乞食を出し抜こうとしても、かえって得るものは少なくなってしまう。むやみに慌ててはいけないことのたとえ

[使用例] 待つよ、待つよ。慌てる乞食はもらいが少ない[柴田翔*われら戦友たち|1973]

[解説] むやみに慌てているに対し、冗談めかしていうことが多いことば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android