慌てる乞食は貰いが少ない(読み)あわてるこじきはもらいがすくない

ことわざを知る辞典の解説

慌てる乞食は貰いが少ない

人からめぐんでもらって生きている乞食が、いくら慌てて回りをし、ほかの乞食を出し抜こうとしても、かえって得るものは少なくなってしまう。むやみに慌ててはいけないことのたとえ。

[使用例] 待つよ、待つよ。慌てる乞食はもらいが少ない[柴田翔*われら戦友たち|1973]

[解説] むやみに慌てているに対し、冗談めかしていうことが多いことば。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あわてる乞食こじきもらいがすくない

先を争って貰おうとすると、かえって貰いが少なくなるものである。急ぎすぎると、悪い結果を招くという戒め。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android