冗談(読み)じょうだん(英語表記)Žert

日本大百科全書(ニッポニカ)「冗談」の解説

冗談
じょうだん
Žert

チェコの作家クンデラの長編小説。1967年刊。学生時代、女友達への葉書に書いた冗談(楽天主義は人類のアヘンだ! 健全な精神なんてあほくさい。トロツキー万歳!)がもとで党を追放され「黒い懲罰隊」で苦労したヤーンは、十数年後、彼の追放劇に主役を演じた旧友に対し、その妻である放送記者を誘惑して復讐(ふくしゅう)を遂げようとする。自分の生まれ故郷での祭りに乗じてその意図は成功したかに思われたが、旧友夫妻の仲はすでに終わっていたことを知り、やりきれぬむなしさのみが残る。非人間的な体制への無力な人間の抵抗が、黒いユーモアに満ちた文体で語られており、いくつもの外国語に翻訳されて評判をよんだ。

[飯島 周]

『関根日出男・中村猛訳『冗談』(2002・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「冗談」の解説

じょう‐だん【冗談】

[名・形動]
遊びでいう言葉。ふざけた内容の話。「冗談を交わす」「冗談を真に受ける」
たわむれにすること。また、そのさま。いたずら。「冗談が過ぎる」
「—な女どもだ。みんな着物をかぶってくるは」〈滑・膝栗毛・六〉
[補説]曲名別項。→冗談
[類語]ジョーク軽口洒落駄洒落諧謔

じょうだん【冗談】[曲名]

原題、〈ドイツDer Scherzハイドン弦楽四重奏曲第38番変ホ長調の通称。1781年作曲。ロシア四重奏曲の第2番。全4楽章。通称は最終楽章におけるユーモアに満ちた終端部に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「冗談」の解説

冗談

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの弦楽四重奏曲第38番(1781)。原題《Der Scherz》。ロシア四重奏曲の第2番。名称は最終楽章の終端部がユーモアに満ちたものであることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の冗談の言及

【冗談関係】より

…実際の親密度とはかかわりなく,互いに相手をからかい中傷することや通常なら無礼と非難される行為が許され,時にそうすることが期待されるような関係を社会制度としてもつ場合,その関係を冗談関係という。許される行為は,軽い冗談から,相手の物を盗んだり相手を呪ったり,さらに猥褻(わいせつ)なあるいは侮辱的な行動をとり言葉を浴びせるなど,場合によりさまざまだが,こうした行為がかえって相手に幸福をもたらすとされたりする。…

※「冗談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android