コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田翔 シバタショウ

3件 の用語解説(柴田翔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しばた‐しょう〔‐シヤウ〕【柴田翔】

[1935~ ]小説家・ドイツ文学者。東京の生まれ。「されどわれらが日々―」で芥川賞受賞。他に「贈る言葉」「鳥の影」など。評論に「ゲーテ『ファウスト』を読む」、訳書に「ファウスト」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田翔 しばた-しょう

1935- 昭和後期-平成時代の小説家,ドイツ文学者。
昭和10年1月19日生まれ。妻は三宅榛名(はるな)。昭和36年「親和力研究」で日本ゲーテ協会賞をうけ,翌年ドイツへ留学する。39年学生運動のなかでの愛と苦悩をえがいた「されどわれらが日々―」で芥川賞。60年母校東大の教授,平成7年共立女子大教授。東京出身。著作に「ゲーテファウスト」を読む」,訳書に「ファウスト」,小説に「贈る言葉」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴田翔
しばたしょう
(1935― )

小説家。東京生まれ。東京大学文学部独文学科卒業。その後大学院に進み、仲間とつくった同人誌『象』に発表した『ロクタル管の話』(1958)で注目される。ラジオ組み立てに夢中になる中学生がロクタル管というラジオ部品によせる哀歓を描いた作品。母校の助手時代に修士論文を改稿した『親和力研究』(1960)でゲーテ賞(日本ゲーテ協会)を受け、ドイツに2年間留学。この間『象』7号に発表した『されどわれらが日々――』(1964)が『文学界』に転載され、さらに第51回芥川(あくたがわ)賞を受ける。日本共産党の「六全協」(1955年の第6回全国協議会)転換の影響をまともに受けた青年知識人の生き方を正面から扱った作品として高く評価された。それは学部時代の作者の共産主義体験、反体制闘争が素材になっており、当時の日本共産党の武闘路線からの大転換宣言としての「六全協」、その後の「スターリン批判」などを体験した政治世代、とくに若者たちの立場から、それらの革命運動の分裂や挫折(ざせつ)の問題を鋭く追及し、その出口なしの絶望状況からやがて新しい生を模索し、広い世界を発見して飛び立っていく学生群像をリリシズムのタッチで描いた青春小説である。
 柴田は大江健三郎と同世代だが、大江文学と違い同じ時代的題材をもっと軽く、明るく甘美な筆致で描き、自我も時代も政治も何一つ信じられない若者のニヒルな内面を追求する、その作風は当時の若者文化の一面を代表していた。とくに若い女性層や高校生、大学生に人気を博した。その後、再度ドイツ留学を経て都立大学に勤務し、まもなく東大の教壇に復帰。そのほかの作品に、『贈る言葉』(1966)、『鳥の影』(1971)、『立ち盡(つく)す明日』(1971)、『されどわれらが日々――』の続編ともいえる『われら戦友たち』(1973。原題『そして、いつの日か……』)や、『ノンちゃんの冒険』(1982)、『突然にシーリアス』(1992)、創作集『中国人の恋人』(1992)等がある。いずれも軽快で明るく平易な表現で、現代的なテーマをわかりやすく描き分ける点に特色がある。評論には『ゲーテ「ファウスト」を読む』(1985)など、書簡体の『晴雨通信』(1985)と『風車通信』(1990)、『希望としてのクレオール』(1994)などのエッセイもある。1970年(昭和45)から3年間にわたって、小田実(まこと)、開高健(かいこうたけし)、高橋和巳(かずみ)、真継伸彦(まつぎのぶひこ)と季刊同人誌『人間として』(全12冊)を刊行。
 1991年(平成3)には東京大学文学部長に就任し(~1993)、ドイツ文学関係の学究活動でも有名である。1985年の『ゲーテ「ファウスト」を読む』に続いて、『内面世界に映る歴史――ゲーテ時代ドイツ文学史論』(1986)、対訳と解説で構成する『「ファウスト第1部」を読む』(1997)、『「ファウスト第2部」を読む』(1998)を著し、1999年にはゲーテ生誕250年記念として『ファウスト』第1部、第2部完全版を訳出した。[松本鶴雄]
『『ゲーテ「ファウスト」を読む』(1985・岩波書店) ▽『晴雨通信――1983年夏~1985年春』(1985・筑摩書房) ▽『内面世界に映る歴史――ゲーテ時代ドイツ文学史論』(1986・筑摩書房) ▽『風車通信――1988年~1989年秋』(1990・筑摩書房) ▽『突然にシーリアス』(1992・筑摩書房) ▽『中国人の恋人』(1992・文芸春秋) ▽『希望としてのクレオール』(1994・筑摩書房) ▽『「ファウスト第1部」を読む』(1997・白水社) ▽『「ファウスト第2部」を読む』(1998・白水社) ▽J・W・ゲーテ著、柴田翔訳『ファウスト』(1999・講談社) ▽『されどわれらが日々――』『われら戦友たち』(文春文庫) ▽『贈る言葉』『鳥の影』『立ち盡す明日』(新潮文庫) ▽J・W・ゲーテ著、柴田翔訳『親和力』(講談社文芸文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柴田翔の関連キーワード赤江瀑重兼芳子三田誠広大藪春彦秦恒平石和鷹稲見一良入江曜子高橋昌男広瀬仁紀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柴田翔の関連情報