コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成祖 セイソ

大辞林 第三版の解説

せいそ【成祖】

明の第三代皇帝永楽帝の廟号びようごう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の成祖の言及

【永楽帝】より

…中国,明朝第3代の皇帝,在位1402‐24年。姓は朱,名は棣,廟号成祖,年号により永楽帝とよばれる。明朝の創業者たる太祖洪武帝の第4子で,21歳の時,北平(北京)に封ぜられ,燕王となってから頭角をあらわし,太祖のあとをついだ甥の建文帝から帝位を奪って(靖難の変)皇帝となった。…

※「成祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

成祖の関連キーワード北京と瀋陽の明アルクタイ(阿魯台)オルジェイ・テムル明の時代(年表)東廠・西廠明十三陵性理大全応永条約永楽大典靖難の変永楽銭他魯毎方孝孺汪応祖勘合符永楽帝直隷倭寇五経故宮

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android