尊号(読み)そんごう

精選版 日本国語大辞典「尊号」の解説

そん‐ごう ‥ガウ【尊号】

〘名〙 んで呼ぶ称号尊称。特に、天皇・太上天皇あるいは皇后皇太后などにささげられる称号をいうことが多い。
※続日本紀(797)文武即位前「追崇尊号、称岡宮御宇天皇也」
※太平記(14C後)二六「始皇とぞ尊号を献りける」 〔史記‐高祖本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「尊号」の解説

そん‐ごう〔‐ガウ〕【尊号】

尊んでいう称号。尊称。特に、天皇・上皇・皇后・皇太后などの称号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「尊号」の解説

【尊号】そんごう(がう)

尊称とする号。〔史記、高祖紀〕高細よりり、亂世を(をさ)めて之れを正に反し、天下定す。~號を上(たてまつ)りて高皇と爲さん。

字通「尊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android