コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦域核兵器 センイキカクヘイキ

1件 の用語解説(戦域核兵器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんいき‐かくへいき〔センヰキ‐〕【戦域核兵器】

戦域において、地域的に限られた目標を攻撃する核兵器

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の戦域核兵器の言及

【核兵器】より

…原子兵器atomic weaponともいう。核反応(核分裂および核融合)によって生ずるエネルギーを直接,破壊殺傷の目的に利用する兵器の総称。運搬手段(ミサイルなど)と核弾頭が分離できない構造の場合は運搬手段も含めて核兵器というが,核反応エネルギーを動力として用いる原子力潜水艦等は含まない。核兵器は,エネルギーを放出するおもな核反応が核分裂であるか核融合であるかによって,核分裂兵器と核融合兵器とに二大別される。…

※「戦域核兵器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone