隣国(読み)となりぐに

精選版 日本国語大辞典「隣国」の解説

となり‐ぐに【隣国】

〘名〙 ある国にとって、距離的に最も近い他国。りんごく。特に、日本にとっての中国大陸・朝鮮半島の国々をいった。
※書紀(720)欽明一三年一〇月(寛文版訓)「方(まさ)に今(いま)、改(あらた)めて蕃(トナリクニ)の神(かみ)を拝(いは)ひたまへ」

りん‐ごく【隣国】

〘名〙 (「りんこく」とも) 隣接した国。境界を一つにする相接した国。隣邦
※霊異記(810‐824)上「今、国家に災を起すは、隣国の客神(まれひとがみ)の像を己が国内に置くに依る」 〔孟子‐梁恵王・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「隣国」の解説

りん‐ごく【隣国】

《「りんこく」とも》となりの国。隣邦。
[類語]隣邦四隣近国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「隣国」の解説

【隣国】りんごく

となりの国。〔孟子、告子下〕の水を治むるや、水の(ゆ)くままにす。に、禹は四を以て壑(がく)(水を落すところ)と爲せり。今、吾子國を以て壑と爲す。~吾子、(あやま)てり。

字通「隣」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android