隣国(読み)となりぐに

精選版 日本国語大辞典「隣国」の解説

となり‐ぐに【隣国】

〘名〙 あるにとって、距離的に最も近い他国。りんごく。特に、日本にとっての中国大陸・朝鮮半島の国々をいった。
書紀(720)欽明一三年一〇月(寛文版訓)「方(まさ)に今(いま)(あらた)めて(トナリクニ)の神(かみ)を拝(いは)ひたまへ」

りん‐ごく【隣国】

〘名〙 (「りんこく」とも) 隣接した国。境界を一つにする相接した国。隣邦
※霊異記(810‐824)上「今、国家にを起すは、隣国の客神(まれひとがみ)が国内に置くに依る」 〔孟子‐梁恵王・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android