隣国(読み)リンゴク

デジタル大辞泉 「隣国」の意味・読み・例文・類語

りん‐ごく【隣国】

《「りんこく」とも》となりの国。隣邦
[類語]隣邦四隣近国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「隣国」の意味・読み・例文・類語

となり‐ぐに【隣国】

  1. 〘 名詞 〙 ある国にとって、距離的に最も近い他国。りんごく。特に、日本にとっての中国大陸・朝鮮半島の国々をいった。
    1. [初出の実例]「方(まさ)に今(いま)、改(あらた)めて蕃(トナリクニ)の神(かみ)を拝(いは)ひたまへ」(出典日本書紀(720)欽明一三年一〇月(寛文版訓))

りん‐ごく【隣国】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「りんこく」とも ) 隣接した国。境界一つにする相接した国。隣邦。
    1. [初出の実例]「今、国家に災を起すは、隣国の客神(まれひとがみ)の像を己が国内に置くに依る」(出典:日本霊異記(810‐824)上)
    2. [その他の文献]〔孟子‐梁恵王・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「隣国」の読み・字形・画数・意味

【隣国】りんごく

となりの国。〔孟子、告子下〕禹の水を治むるや、水の(ゆ)くままにす。是の故に、禹は四を以て壑(がく)(水を落すところ)と爲せり。今、吾子國を以て壑と爲す。~吾子、(あやま)てり。

字通「隣」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android