コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所務分け ショムワケ

デジタル大辞泉の解説

しょむ‐わけ【所務分け】

遺産分配。かたみわけ。
「―の大法は、たとへば千貫目の身代なれば、惣領(そうりゃう)に四百貫目、居宅に付けて渡し」〈浮・胸算用・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の所務分けの言及

【形見分け】より

…岐阜県吉城郡の形見分けの麻の肩かけは〈とっとき布〉といって機(はた)で織って大切に保存しておいたものである。また,形見分けを北陸地方,近畿地方ではショムワケ(所務分け),ユズリなどともいい,遺産分配の意味もあった。群馬県では子どもや兄弟に形見分けとして位牌を分けている。…

※「所務分け」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone