コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大法 タイホウ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ほう〔‐ハフ〕【大法】

重大な法規。大切なきまり。

だい‐ほう〔‐ホフ〕【大法】

すぐれた仏の教法。仏法。
大乗の教法。
密教の修法で最も重んじられる大がかりな修法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいほう【大法】

大きなさだめ。重要な法規。 「天下の-」 → だいほう(大法)

だいほう【大法】

〘仏〙 すぐれた教え。仏の教え。
密教の修法のうち、最も重んじられる大規模なもの。 → たいほう(大法)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大法の関連キーワードリチャード・バートン ホールデンマーリク・イブン・アナス長野県小県郡青木村当郷アブー・ハニーファ富山県高岡市利屋町富山県富山市梅沢町韓国の憲法裁判所ハンバリー学派ハナフィー学派マーリキー学派マーワルディー高橋 進太郎長谷田 泰三山下 慶次郎ホールデーン喧嘩両成敗法中村善太郎恵果阿闍梨山下慶次郎佐藤丑次郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大法の関連情報