コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世間胸算用 せけんむねざんよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世間胸算用
せけんむねざんよう

浮世草子井原西鶴作。5巻5冊。元禄5 (1692) 年刊。副題「大晦日は一日千金」。商人にとって1年の総決算日である大みそかの1日に時間を絞って,貸し手と借り手との駆引きを中心に,年の暮れの庶民の姿を 20章にわたって描く。現実のきびしさと,それに対応する人間の行動を,西鶴流の話術で巧みに表現し,状況の緊迫感にもかかわらず,そこにはユーモアペーソスが感じられる。大みそかという「時」,商都という「場所」,中下層階級町人という「人物層」など,一定の統一を保ちながら,そこに人間の種々相が精細に描かれており,町人物代表作であるだけでなく,短編小説集としても近代性をそなえたすぐれた作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せけんむねさんよう【世間胸算用】

浮世草子。5巻。井原西鶴作。元禄5年(1692)刊。大みそかを背景に、町人たちの生活の悲喜劇を描いた20話からなる。町人物の代表作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

世間胸算用【せけんむねざんよう】

井原西鶴作の浮世草子。町人物。1692年刊。5巻20話。1年の経済生活の最後の決算日である大晦日(おおみそか)に展開される,町人のさまざまなやりくりの悲喜劇。問屋,金貸から裏長屋貧家まで,筆は全階層にわたっている。
→関連項目元禄文化

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せけんむねざんよう【世間胸算用】

西鶴作の浮世草子。1692年(元禄5)刊。5巻20章。西鶴晩年(51歳)の傑作として有名な町人物で,副題に〈大晦日は一日千金〉とある。〈大晦日さだめなき世の定めかな〉と西鶴自身の句にもあるように,1年間の収支決算を迫られる大晦日は世の定めとしてきまってやってくるわけで,この日をどう切りぬけるかは町人にとって死活の問題であった。収められた20の短編は,直接もしくは間接に,この大晦日に時間設定をし,地域は大坂を中心に京,江戸,堺,長崎,奈良におよび,階層は問屋,金貸から,日ごろ掛けで買うことすらできないために借金取りもやってこない裏長屋の貧家まで,あらゆる階層にわたっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せけんむねさんよう【世間胸算用】

浮世草子。五巻。井原西鶴作。1692年刊。大晦日おおみそかを中心に展開する中下層町人の経済生活の悲喜劇を描いた短篇集。西鶴町人物の傑作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世間胸算用
せけんむねさんよう

井原西鶴(さいかく)の浮世草子。1692年(元禄5)1月、大坂・伊丹屋(いたみや)太郎右衛門、京都・上村平左衛門、江戸・万屋(よろずや)清兵衛を版元として刊行。五巻五冊。「大晦日(おおつごもり)は一日千金」と傍題するように、1年の収支決算日である大晦日の24時間に小説の場面を限定し、そこに展開する町人大衆の悲喜こもごもの生活の断面を鋭く描いた西鶴晩年の傑作である。「大晦日定めなき世のさだめ哉(かな)」(『誹諧三(はいかいさん)ヶ津(つ)』1682刊・所収)は西鶴得意の発句であるが、居留守、出違い、けんか仕掛け、亭主の入れ替わりなどの方法で借金取りの撃退を謀れば、掛け取りのほうも新手を考案する虚々実々のやりとりを通して、金銭をめぐる人間の真実がリアルに描かれている。巻五「つまりての夜市(よいち)」では、非情な物品を登場させて、その裏に隠されているおかしくもあわれな生活の実態が、巧みな話芸的方法によって暗示的に描写されている。名作として評価の高い巻五「平太郎殿(へいたろうどの)」は、まさに貧困と絶望の淵(ふち)に転落しようとする3人の懺悔咄(さんげばな)しを通して、「哀れにも又おかし」い人生の真実が描き出されている。全編「泪(なみだ)で年を取」らなければならないほど窮迫し、絶望的な現実に直面した町人たちの物語であるが、感傷や興奮をみせずに描き上げられ、そこに人間的な暖かさがにじみ出ており、ほのぼのとした味わいが生まれている。晩年の作家西鶴が人間観照の深化によって創出した独自の小説的世界を認めることができ、西鶴文学の到達点として高く評価されるゆえんである。[浅野 晃]
『野間光辰校注『日本古典文学大系48 西鶴集 下』(1960・岩波書店) ▽前田金五郎訳注『世間胸算用』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の世間胸算用の言及

【仕舞屋】より

…店じまいをした家の意の〈仕舞(しも)うた屋〉から変わった言葉で,商売をしていない家をいう。井原西鶴の《世間胸算用(せけんむなざんよう)》(1692)に〈表面(おもてむき)は格子作りに,しまふた屋と見せて〉とあるが,商店などの立ち並ぶ商業地域内の住宅をさすことが多く,住宅地内の住宅を〈しもたや〉と呼ぶのはおかしい。なお,《嬉遊笑覧》には〈そのかみ古道具やを仕舞物(しまいもの)店といへるも身分をかへなどしたる者の家財をかひ取て売ものなり〉とあり,店じまいにともなう不用品の意味で,古道具類を〈仕舞物〉と呼ぶこともあった。…

※「世間胸算用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世間胸算用の関連キーワード受ける・請ける・承ける・享ける井原西鶴(年譜)店卸(棚卸)西鶴織留羽子板白朮祭仕舞屋悪口祭

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android