コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手ぬぐい(拭) てぬぐい

百科事典マイペディアの解説

手ぬぐい(拭)【てぬぐい】

身体を拭ったりかぶり物にする布。9〜3尺あり適宜に切って用いたが,江戸末期にはほぼ鯨尺2.5尺となり,布地も麻から木綿に代わった。長手ぬぐいはかぶり物用で,鉢巻,姉様かぶり,大尽かぶり,米屋かぶり等の手ぬぐいかぶりが行われた。また初めは白無地だったが,赤手ぬぐい,渋手ぬぐい,そうめん絞,豆絞などの手ぬぐい染が発達した。近年はタオルハンカチーフに代わった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android