打拉(読み)うちひさぐ

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ひさ・ぐ【打拉】

〘他ガ四〙 (「うち」は接頭語) =うちひしぐ(打拉)
※兼良本方丈記(1212)「ひとり子の〈略〉俄にくづれうめられて、あとかたなくひらにうちひさかれて」

うち‐ひし・ぐ【打拉】

〘他ガ五(四)〙
① 物を打ち叩いて、砕きつぶす。
※室町殿日記(1602頃)八「楯の板も微塵にうちひしかれ」
② 武器で打ちかかってたたきつぶす。
※太平記(14C後)三二「近付く敵あらば只一打に打ひしがんと」
③ (多く、受身の助動詞「れる」を伴って用いる) 意欲や気力などをくじく。
※小魚の心(1927)〈真杉静枝〉二「春吉が、打ちひしがれるやうな倫理的な苦悩に悶(もだ)える有様を」
④ (「うち」は接頭語) 事柄が全く成り立たないようにする。
結城氏新法度(1556)二条「人あきなひいたすもの候はは、聞たたし、うちひしくへし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android