コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扱き箸 コキバシ

2件 の用語解説(扱き箸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こき‐ばし【扱き箸】

竹を二つに割って下端をくくり、割れた部分に稲穂を挟んで引っぱり、もみを落とす用具。稲扱箸(いねこばし)。扱き竹。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こきばし【扱き箸】

脱穀用具の一。50センチメートル 前後の竹棒二本の間に稲穂をはさんで引き、もみを落とす原始的なもの。江戸中期にできた千歯せんば扱きの普及とともにすたれた。こきだけ。こいばし。稲扱き箸ばし

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone