扱き箸(読み)コキバシ

大辞林 第三版の解説

こきばし【扱き箸】

脱穀用具の一。50センチメートル 前後の竹棒二本の間に稲穂をはさんで引き、もみを落とす原始的なもの。江戸中期にできた千歯せんば扱きの普及とともにすたれた。こきだけ。こいばし。稲扱き箸ばし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android