下端(読み)かたん

精選版 日本国語大辞典「下端」の解説

か‐たん【下端】

〘名〙
① 下のほうの。⇔上端。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※永日小品(1909)〈夏目漱石〉クレイグ先生「此の敲子(ノッカー)の下端(カタン)をこつこつと戸板へぶつけると」
定積分で、積分の範囲の下の限界。下限
実数の集合のどの数よりも大きくない数のうちの最大のものの、もとの集合に対する称。下限。

さがり‐ば【下端】

〘名〙 平安時代、貴族の女性の肩の辺で切りそろえた額髪のたれ下がった様子。または、その髪の端。一説に、髪のたれさがった様子。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「御ぐしはよおろすぎ給へり。さがりばはいときよらなり」

した‐ば【下端】

〘名〙 の下の部分。下部下面
※作庭記(1040頃か)「池尻の水おちの横石は、つり殿の下げたのしたばより、水のおもにいたるまで、四寸五寸をつねにあらしめて」

したっ‐ぱ【下端】

〘名〙 身分や地位の低いこと。また、そのような者。
※晩秋(1926)〈志賀直哉〉二「或日郁子宛に或劇団の下端(シタッパ)の女優である千代子から手紙が来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android