抗受精素(読み)こうじゅせいそ(英語表記)antifertilizin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗受精素
こうじゅせいそ
antifertilizin

ウニの精子から得られる受精物質アンドロガモンのうちの一成分。ウニの卵から出される受精物質のジノガモン IIを中和し,卵ゼリーを溶解する働きをもつ。受精の際,精子が卵ゼリーに達するとこれを溶かし,卵表面に接近しやすくすると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android