コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押し送り船 オシオクリブネ

デジタル大辞泉の解説

おしおくり‐ぶね【押し送り船】

帆をあまり使わず、数人(ろ)をこいで進める船。特に、とれた魚類魚市場に運んでいた早船

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おしおくりぶね【押し送り船】

江戸時代、江戸・大坂など大都市の魚市場へ生魚を運送した漕帆両用の快速の小型荷船。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

押し送り船の関連キーワード押し送り江戸時代快速大坂生魚

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android