数人(読み)スウニン

精選版 日本国語大辞典の解説

かず‐びと【数人】

〘名〙
① どこにでもいる、ありふれた人。
② 数多くいる人。おおぜいの人。
※幸若・ほり川(室町末‐近世初)「尾張の長田(おさだ)がたちにて、長田が子ども、その数人をほろぼし」

すう‐にん【数人】

〘名〙 三~四人、五~六人ぐらいの人数をばくぜんとさしていう語。数口(すうこう)。古くは「すにん」。
※露団々(1889)〈幸田露伴〉二〇「大統領始め朝野の名士数人(スウニン)を証人として」 〔孟子‐公孫丑下〕

す‐じん【数人】

〘名〙 三、四人、五、六人の人を漠然という語。すうにん。また、大勢の人。衆人
※車屋本謡曲・鉢木(1545頃)「さてご前には諸侍、其ほか数人(すじん)並み居つつ」 〔和英語林集成(初版)(1867)〕

す‐にん【数人】

※続日本紀‐霊亀元年(715)一〇月丁丑「親族死亡子孫数人、常恐被狄徒抄略乎」
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二〇「此の盲人は其膝下に数人(スニン)の小童を飼養して其技を習はせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数人の関連情報