コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

招提寺 しょうだいじ

世界大百科事典内の招提寺の言及

【唐招提寺】より

…奈良市五条町にある律宗の総本山。古くは唐律招提寺ともいわれ,単に招提寺ともいう。唐僧鑑真の開基にかかり,今日,金堂,講堂,鐘楼,鼓楼,東室,経蔵,宝蔵,閼伽井(あかい)(醍醐井)などの伽藍が白砂青松の中に規矩整然とのこり,奈良時代寺院の面影を今に伝える唯一の寺である。…

※「招提寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

招提寺の関連キーワード唐大和上東征伝南都七大寺漆部弟麻呂良海(3)勝間田の池東征伝絵巻二十五大寺東征絵伝唐招提寺千手観音十五大寺入母屋造入り母屋西ノ京寄棟造校倉造葛井寺奈良版帝釈天豊安

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android