コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拠出限度額 きょしゅつげんどがく

1件 の用語解説(拠出限度額の意味・用語解説を検索)

投資信託の用語集の解説

拠出限度額


確定拠出年金制度において、税制優遇を受けて積み立てすることができる上限金額のこと。企業型の場合、他の企業年金がある場合とない場合で拠出限度額が異なり、ある場合は276,000円、ない場合は552,000円となる。個人型の場合、自営業者国民年金基金と合わせた額が拠出限度額となり、企業年金のない企業の従業員は216,000円となる。 

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

拠出限度額の関連キーワードポータビリティー確定拠出年金法マッチング拠出確定拠出年金の日401k資産管理機関レコードキーピング退職年金制度無拠出年金制度

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拠出限度額の関連情報