コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持続可能性 じぞくかのうせい

大辞林 第三版の解説

じぞくかのうせい【持続可能性】

生物資源(特に森林や水産資源)の長期的に維持可能な利用条件を満たすこと。広義には、自然資源消費や環境汚染が適正に管理され、経済活動や福祉の水準が長期的に維持可能なことをいう。サステイナビリティー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

じぞくかのう‐せい〔ヂゾクカノウ‐〕【持続可能性】

環境・社会・経済などが将来にわたって適切に維持・保全され、発展できること。サステイナビリティー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

持続可能性の関連キーワード基準・指標 (Criteria&Indicators)ヘルツォーク(Thomas Herzog)コロンビアのコーヒー産地の文化的景観バンクーバー2010オリンピックミレニアム開発目標(MDGs)オットー(Frei Otto)エコロジカル・フットプリントバンクーバー冬季オリンピックサステナビリティ・レポート持続可能な開発国際戦略本部モントリオール・プロセス1990年代の開発協力プライマリー・バランス国連ミレニアム開発目標ミレニアム開発目標グリーンドリンクスサービサイジングサステナビリティ中国の環境問題基礎的財政収支

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

持続可能性の関連情報