コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将来 ショウライ

2件 の用語解説(将来の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐らい〔シヤウ‐〕【将来】

[名](スル)
《将(まさ)に来(きた)らんとする時の意》これから先。未来。前途。副詞的にも用いる。「将来の日本」「将来を期待する」「将来のある若者」「将来医者になりたい」
引き連れてくること。特に、外国など他の土地から持ってくること。「中国から将来した書物」
ある状態や結果を招くこと。招来。「物価の値上がりを将来する」
[アクセント]1ショーライ、23はショーライ
[用法]将来・未来――「将来(未来)への夢」「明るい将来(未来)」のように、現在よりあとのことについていう場合には共通して用いられる。◇「私は将来、弁護士になりたい」に「未来」は使わない。また、「二〇〇年後の未来を空想する」に「将来」は使いにくい。10年後ぐらいならば「将来」と言うほうが普通。「未来」は「将来」よりも非現実的な遠い先という感じが強い。◇「近い将来」とは言うが、「近い未来」とはあまり言わない。「近未来」は新造語。◇類似の語に「今後」がある。「今後」は先のことを言うより、「今後の課題」「今後気をつけます」のように「今から」という意である。「今後しっかり勉強して大学に入りたい」の「今後」は大学に入ることでなく、勉強することにかかっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうらい【将来】

[1]
これからやってくる,時。これから先。普通,未来より現在に近い時をいう。副詞的にも用いる。 「 -が楽しみだ」 「 -に備える」 「 -きっと後悔するだろう」
[0] ( 名 ) スル
持って来ること。 「三蔵法師の-した経巻」
ある結果や状態を引き起こすこと。 「社会的不安を-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

将来の関連キーワード

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

将来の関連情報