コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将来 ショウライ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐らい〔シヤウ‐〕【将来】

[名](スル)
《将(まさ)に来(きた)らんとする時の意》これから先。未来。前途。副詞的にも用いる。「将来の日本」「将来を期待する」「将来のある若者」「将来医者になりたい」
引き連れてくること。特に、外国など他の土地から持ってくること。「中国から将来した書物」
ある状態や結果を招くこと。招来。「物価の値上がりを将来する」
[アクセント]1ショーライ、23はショーライ
[用法]将来・未来――「将来(未来)への夢」「明るい将来(未来)」のように、現在よりあとのことについていう場合には共通して用いられる。◇「私は将来、弁護士になりたい」に「未来」は使わない。また、「二〇〇年後の未来を空想する」に「将来」は使いにくい。10年後ぐらいならば「将来」と言うほうが普通。「未来」は「将来」よりも非現実的な遠い先という感じが強い。◇「近い将来」とは言うが、「近い未来」とはあまり言わない。「近未来」は新造語。◇類似の語に「今後」がある。「今後」は先のことを言うより、「今後の課題」「今後気をつけます」のように「今から」という意である。「今後しっかり勉強して大学に入りたい」の「今後」は大学に入ることでなく、勉強することにかかっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうらい【将来】

[1]
これからやってくる、時。これから先。普通、未来より現在に近い時をいう。副詞的にも用いる。 「 -が楽しみだ」 「 -に備える」 「 -きっと後悔するだろう」
[0] ( 名 ) スル
持って来ること。 「三蔵法師の-した経巻」
ある結果や状態を引き起こすこと。 「社会的不安を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

将来の関連キーワードインプライドボラティリティ国立社会保障人口問題研究所エマージングテクノロジー地域別将来推計人口ケーパビリティーライジングスター確定給付型年金資本の限界効率フューチャー将来推計人口思いを巡らす春秋に富む思案に沈む身の振り方御先真っ暗時間軸効果苦は楽の種先が見える百年の計三蔵法師

将来の関連情報