将来(読み)ショウライ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐らい〔シヤウ‐〕【将来】

[名](スル)
《将(まさ)に来(きた)らんとする時の意》これから先。未来。前途。副詞的にも用いる。「将来の日本」「将来を期待する」「将来のある若者」「将来医者になりたい」
引き連れてくること。特に、外国など他の土地から持ってくること。「中国から将来した書物」
ある状態や結果を招くこと。招来。「物価の値上がりを将来する」
[アクセント]1ショーライ、23はショーライ
[用法]将来・未来――「将来(未来)への夢」「明るい将来(未来)」のように、現在よりあとのことについていう場合には共通して用いられる。◇「私は将来、弁護士になりたい」に「未来」は使わない。また、「二〇〇年後の未来を空想する」に「将来」は使いにくい。10年後ぐらいならば「将来」と言うほうが普通。「未来」は「将来」よりも非現実的な遠い先という感じが強い。◇「近い将来」とは言うが、「近い未来」とはあまり言わない。「近未来」は新造語。◇類似の語に「今後」がある。「今後」は先のことを言うより、「今後の課題」「今後気をつけます」のように「今から」という意である。「今後しっかり勉強して大学に入りたい」の「今後」は大学に入ることでなく、勉強することにかかっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうらい【将来】

[1]
これからやってくる、時。これから先。普通、未来より現在に近い時をいう。副詞的にも用いる。 「 -が楽しみだ」 「 -に備える」 「 -きっと後悔するだろう」
[0] ( 名 ) スル
持って来ること。 「三蔵法師の-した経巻」
ある結果や状態を引き起こすこと。 「社会的不安を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐らい シャウ‥【将来】

〘名〙
① (━する) もって来ること。新しいもの、未知のものなどをもたらすこと。
※続日本紀‐文武四年(700)三月己未「此院多有経論、書迹楷好、並不錯誤。皆和上之所将来者也」
※史記抄(1477)一〇「呉時の経教を倭国へ将来する者は呉音に読ぞ」
② (━する) ひきしたがえること。つれてくること。
※中右記‐永久二年(1114)正月五日「明兼所将来竊盗一人」
③ (━する) ある結果を招くこと。ひきおこすこと。
※雲のゆき来(1965)〈中村真一郎〉三「十八世紀の詩は〈略〉千篇一律の唐詩の模倣を将来して」 〔春秋左伝‐昭公三年〕
④ (「将(まさ)に来たらんとする時」の意) これから先。未来。ゆくさき。前途。
※今昔(1120頃か)二「我等らをして将来に広く天地に供養を儲させ給へ」
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)下「日本の神々のさかばちがあたって、しゃうらいがよふ有まい」 〔揚雄‐長楊賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

将来の関連情報