コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指宿葉 イブスキバ

デジタル大辞泉の解説

いぶすき‐ば【指宿葉】

指宿付近で栽培されるタバコの一品種。葉肉が厚く、香りが高い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の指宿葉の言及

【タバコ(煙草)】より

…元禄年間(1688‐1704)には各地に刻みタバコの銘葉産地が形成された。薩摩伝来の種子から国分葉,指宿葉などが,また水戸に伝えられ水府葉などが生じた。このほか,長崎伝来のものに由来する阿波葉,達磨(だるま)葉などがあげられる。…

※「指宿葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android