コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉肉 ヨウニク

3件 の用語解説(葉肉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よう‐にく〔エフ‐〕【葉肉】

葉の表皮の内部にある、葉緑体を含む柔細胞の集まり海綿状組織と柵状(さくじょう)組織とからなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ようにく【葉肉】

葉の表裏両側の表皮間を満たす部分。主に柔細胞から成り、葉緑体を含む。通常、柵状さくじよう組織と海綿組織に分かれ、ところどころに維管束が貫通する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉肉
ようにく

葉を構成する組織の一つで、葉肉組織ともいう。葉肉は葉の中の基本組織であり、柵(さく)状組織と海綿状組織とに分けられるが、その区別がはっきりしないこともある。一般に陽葉では柵状組織がよく発達し、陰葉ではその発達が悪い。葉肉の細胞は葉緑体をもち、葉の光合成器官としての機能を担っている。葉肉組織の細胞間には、豊富な細胞間隙(かんげき)(空気間隙)がある。外界の空気は気孔を介してこの間隙と連絡しているので、細胞間隙は個々の細胞の光合成、呼吸、蒸散に重要な役割をもっている。一般に細胞間隙の量は海綿状組織に多く、縦長の細胞が比較的密に並ぶ柵状組織では少ない。[原 襄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の葉肉の言及

【葉】より

…表皮組織の下には長方形の細胞が密に整列した柵状組織があり,その内側には細胞間隙(かんげき)の発達した海綿状組織があって,それらの組織で光合成が行われる。これらの基本組織をひっくるめて葉肉と呼ぶことがある。シダ植物などの葉では,柵状組織と海綿状組織の差ははっきりしない。…

※「葉肉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

葉肉の関連キーワード色素体水疱皮層プラスチド葉緑体柵状組織渋皮柔細胞同化組織角化細胞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葉肉の関連情報