コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉肉 ヨウニク

大辞林 第三版の解説

ようにく【葉肉】

葉の表裏両側の表皮間を満たす部分。主に柔細胞から成り、葉緑体を含む。通常、柵状さくじよう組織と海綿組織に分かれ、ところどころに維管束が貫通する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葉肉
ようにく

葉を構成する組織の一つで、葉肉組織ともいう。葉肉は葉の中の基本組織であり、柵(さく)状組織と海綿状組織とに分けられるが、その区別がはっきりしないこともある。一般に陽葉では柵状組織がよく発達し、陰葉ではその発達が悪い。葉肉の細胞は葉緑体をもち、葉の光合成器官としての機能を担っている。葉肉組織の細胞間には、豊富な細胞間隙(かんげき)(空気間隙)がある。外界の空気は気孔を介してこの間隙と連絡しているので、細胞間隙は個々の細胞の光合成、呼吸、蒸散に重要な役割をもっている。一般に細胞間隙の量は海綿状組織に多く、縦長の細胞が比較的密に並ぶ柵状組織では少ない。[原 襄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の葉肉の言及

【葉】より

…表皮組織の下には長方形の細胞が密に整列した柵状組織があり,その内側には細胞間隙(かんげき)の発達した海綿状組織があって,それらの組織で光合成が行われる。これらの基本組織をひっくるめて葉肉と呼ぶことがある。シダ植物などの葉では,柵状組織と海綿状組織の差ははっきりしない。…

※「葉肉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葉肉の関連キーワードMEGMILK盛りだくさんヨーグルト幸せの贅沢フルーツMixヨーグルトマツノミドリハバチ(松緑葉蜂)森永 アロエのむヨーグルト幸せの贅沢アロエヨーグルト白バラアロエヨーグルト森永 アロエヨーグルトハマボッス(浜払子)愛知大晩生キャベツちぢみほうれんそうハクサイ(白菜)イネハモグリバエシロヤマゼンマイカブラハバチハモグリバエコブノメイガレースソウモグリバエジカキムシハモグリガ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉肉の関連情報