コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挵る セセル

2件 の用語解説(挵るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せせ・る【×挵る】

[動ラ五(四)]

㋐とがった物で、繰り返しつつく。つついて掘る。つつきほじくる。「ようじで歯を―・る」
㋑はしで、食べ物をあちこちつつきまわす。「食べ物を汚く―・る」
虫などが刺す。かむ。
「―・られて睡(ね)られやしない」〈風葉世間師
からかい、もてあそぶ。
「続松(ついまつ)の火を以て毛もなく―・る―・る焼きて」〈今昔・二七・四一〉
こまかなところまでうるさく取り上げて問題にする。
「民を強う―・れば分散するぞ」〈毛詩抄・七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せせる【挵る】

( 動五[四] )
小刻みな動作をせわしなく繰り返す。
繰り返しつつく。つついてあさる。 「鳥、土マタハ磯ヲ-・ル/日葡」
ほじる。 「歯を-・る」
つつく。つつき散らす。いじる。触る。 「火鉢の炭を-・る」 「箸はしで-・る」
虫などが刺す。 「仏の道にかしこく身を-・る蚤を殺さず/浮世草子・永代蔵 5
ささいなことまで細かく干渉し、責める。 「民を強う-・れば分散するぞ/毛詩抄 7
からかう。もてあそぶ。 「なまじひに拾ひらひ学問して人を-・りたがる者あり/咄本・私可多咄」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

挵るの関連キーワード刺さる肘張る武張る骨張る容体振る驕る繰上る割切る

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone