コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挵る セセル

デジタル大辞泉の解説

せせ・る【×挵る】

[動ラ五(四)]

㋐とがった物で、繰り返しつつく。つついて掘る。つつきほじくる。「ようじで歯を―・る」
㋑はしで、食べ物をあちこちつつきまわす。「食べ物を汚く―・る」
虫などが刺す。かむ。
「―・られて睡(ね)られやしない」〈風葉世間師
からかい、もてあそぶ。
「続松(ついまつ)の火を以て毛もなく―・る―・る焼きて」〈今昔・二七・四一〉
こまかなところまでうるさく取り上げて問題にする。
「民を強う―・れば分散するぞ」〈毛詩抄・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せせる【挵る】

( 動五[四] )
小刻みな動作をせわしなく繰り返す。
繰り返しつつく。つついてあさる。 「鳥、土マタハ磯ヲ-・ル/日葡」
ほじる。 「歯を-・る」
つつく。つつき散らす。いじる。触る。 「火鉢の炭を-・る」 「箸はしで-・る」
虫などが刺す。 「仏の道にかしこく身を-・る蚤を殺さず/浮世草子・永代蔵 5
ささいなことまで細かく干渉し、責める。 「民を強う-・れば分散するぞ/毛詩抄 7
からかう。もてあそぶ。 「なまじひに拾ひらひ学問して人を-・りたがる者あり/咄本・私可多咄」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone