コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小栗風葉 おぐり ふうよう

百科事典マイペディアの解説

小栗風葉【おぐりふうよう】

明治期の小説家。本名加藤磯夫(旧姓小栗)。愛知県生れ。尾崎紅葉に師事し,1896年《亀甲鶴》で認められ,泉鏡花とともに紅葉門下の二秀才と称された。《恋慕ながし》《青春》などで好評を得たが,後年は通俗小説を書くにとどまった。
→関連項目硯友社社会小説新小説真山青果

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小栗風葉 おぐり-ふうよう

1875-1926 明治-大正時代の小説家。
明治8年2月3日生まれ。30年上京して,尾崎紅葉の門にはいる。「亀甲鶴(きっこうづる)」でみとめられ,「恋慕ながし」が出世作。その後,「新小説」を舞台に活動した。大正15年1月15日死去。52歳。愛知県出身。本名は加藤磯夫。作品はほかに「恋ざめ」「青春」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小栗風葉

没年:大正15.1.15(1926)
生年:明治8.2.3(1875)
明治時代の小説家。幼名磯平。本名加藤磯夫。別号に艶如子,拈華童子。「美濃半」という屋号の薬種商小栗半左衛門ときぬの長男。愛知県半田村生まれ。明治23(1890)年に上京,済生学舎,商業素修学校を経て,錦城中学に入るが,24年高等中学の入試に失敗。一旦帰郷の後,25年再び上京し,尾崎紅葉に入門。27年徴兵検査のため帰郷するが,廃嫡され,28年上京して紅葉の玄関番となる。「恋慕ながし」(1898)などで好評を博し,泉鏡花らと共に紅葉門下の四天王と称された。33年には加藤籌子と結婚し加藤姓となる。また同年春陽堂に入社して,『新小説』にニーチェ,ショーペンハウアーなどの西洋思想に影響を受けた作品を発表。晩年は豊橋市の自宅で自適の生活を送った。代表作「青春」(1905~06)は,明治の学生の抱く西洋的恋愛の夢と挫折を巧みに描く。<著作>『風葉集』全2巻<参考文献>岡保生『評伝小栗風葉』

(佐伯順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おぐりふうよう【小栗風葉】

1875‐1926(明治8‐昭和1)
明治の小説家。愛知県生れ。本名加藤磯夫(元小栗姓)。家業の薬屋を継がず文学を志して上京,尾崎紅葉に入門してその指導を受け,1896年(明治29)21歳で《亀甲鶴》を発表し文壇に登場。以後,同門の先輩泉鏡花と並び,牛門(ぎゆうもん)の二秀才と称せられて,長編《恋慕ながし》ほかの力作を発表,流麗けんらんたる文章の技巧で読者を酔わせた。日露戦争後の1905‐06年,長編《青春》を《読売新聞》に連載,当代青年の哀歓を描いて文壇随一の人気を博した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おぐりふうよう【小栗風葉】

1875~1926) 小説家。愛知県生まれ。本名、磯夫。のち加藤と改姓。尾崎紅葉門の逸材として明治30年代に活躍したが、自然主義の擡頭たいとうに押されて文壇を離れた。代表作「亀甲鶴」「青春」「世間師」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小栗風葉
おぐりふうよう

[生]1875.2.3. 愛知,半田
[没]1926.1.15. 豊橋
小説家。本名,加藤磯夫。錦城中学校に学び,坪内逍遙,森田思軒の講義を聞いた。 1892年,尾崎紅葉の門に入り,『亀甲鶴』 (1896) が出世作となった。人物描写にすぐれ,時流の動向を鋭敏に反映する力作を次々に発表したが,自然主義文学の台頭に応じきれず,晩年は不遇であった。代表作『恋慕ながし』 (98,未完) ,『青春』,短編『世間師』 (1908) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小栗風葉
おぐりふうよう
(1875―1926)

小説家。愛知県生まれ。本名加藤磯夫(いそお)。小栗は旧姓。薬屋の長男で、早くから文学を志望して上京、尾崎紅葉(こうよう)に入門した。いわゆる紅葉門下の四天王の一人だが、もっとも紅葉の作風に近いといわれる。とくに絢爛(けんらん)たる美文は師匠ゆずりだった。1896年(明治29)酒造職人の悲劇を描いた『亀甲鶴(きっこうづる)』を発表、一躍新進作家として文壇に認められた。
 その後『恋慕ながし』(1898)などの力作で同門泉鏡花(きょうか)とともに作家的地位を確立、ことに長編『青春』(1905~06)は、明治30年代知識階級の青年の内面生活を描いて世評も高く、彫琢(ちょうたく)を極めた文体と相まって風葉の代表作といえる。のち、自然主義の作風に移り、『天才』(1907)、『恋ざめ』(1907~08)、『世間師(せけんし)』(1908)などの佳作を出したが、生活の放縦からまもなく愛知県に帰り、後年は通俗小説を執筆して文壇から引退した。尾崎紅葉の『金色夜叉(こんじきやしゃ)』の続編、『終編金色夜叉』(1909)も書いている。[岡 保生]
『『明治文学全集65 小栗風葉他集』(1968・筑摩書房) ▽岡保生著『評伝小栗風葉』(1971・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小栗風葉の言及

【青春】より

小栗風葉の長編小説。1905‐06年(明治38‐39)《読売新聞》に連載。…

※「小栗風葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小栗風葉の関連キーワード新小説(文芸雑誌)武川 重太郎中村 武羅夫岡本 霊華加藤 籌子文芸倶楽部中村武羅夫我楽多文庫生田 長江森田思軒坪内逍遙徳田秋声風俗小説深刻小説生田長江柳川春葉岡本霊華婦女界竜土会逸材

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android