コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挿(し)芽 サシメ

デジタル大辞泉の解説

さし‐め【挿(し)芽】

草花類の新芽を切り取って土に挿して増やす方法。 春》挿し木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の挿(し)芽の言及

【園芸】より

…野菜や花卉などの一・二年草類は,種まきによるが,目的の開花や結実をさせるためには,肥料や水,日照はもちろん,日照条件や温度条件が大きく影響するので,その植物の適期を失しないように種をまくことがたいせつである。宿根草は株分けや挿芽などで繁殖させ,適時に植え付ける。樹木類は挿木,接木,取木などで苗木をつくって,鉢植えや庭木用として栽培するが,成品となるまでは年月を要し,その目的によって,剪定(せんてい),誘引,摘心,断根,植替えなどの技術を駆使しなければならない。…

※「挿(し)芽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報