コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

捨(て)身技 ステミワザ

1件 の用語解説(捨(て)身技の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すてみ‐わざ【捨(て)身技】

柔道で、自分のからだを真後ろまたは横に倒しながら掛ける投げ技の総称。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の捨(て)身技の言及

【柔道】より

…当身技は危険なので一定の順序で行う形の練習形式で行われる。 (1)投げ技 相手を投げ落としたり,投げ倒したりする技のことで,立ったままの姿勢で投げる立技(たちわざ)と自分の身体を倒して捨てながら投げる捨身技とがある。立技には,主として力の働く部位の違いによって,手を主に働かす手技,腰を主に働かす腰技,足を主に働かす足技の三つに分けられる。…

※「捨(て)身技」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone