コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排砂

2件 の用語解説(排砂の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

排砂

ダム湖の底にたまった土砂を、ゲートを開けて下流に排出する方烹治水能力を高めるほか、海に土砂を供給して海岸後退を防ぐ効果もあるとされる。出し平ダムは世界初の排砂式ダムとして1985年に完成した。95年以降、出水期に環境への影響などを検討しながら排砂を継続。2001年からは宇奈月ダムとの連携排砂が実施されている。

(2011-04-05 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はい‐さ【排砂】

ダム湖の底に溜まった土砂を、水の流れが土砂を運ぶ力を利用して、下流に排出すること。ダムの下部にあるゲートを開いて、土砂を押し流す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

排砂の関連キーワード土砂加持川浚えダム湖土砂をかけたよう水漉し御土砂を掛ける浚う土砂崩れダム土砂ダム盛土

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

排砂の関連情報