コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

排砂

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

排砂

ダム湖の底にたまった土砂を、ゲートを開けて下流に排出する方烹治水能力を高めるほか、海に土砂を供給して海岸後退を防ぐ効果もあるとされる。出し平ダムは世界初の排砂式ダムとして1985年に完成した。95年以降、出水期に環境への影響などを検討しながら排砂を継続。2001年からは宇奈月ダムとの連携排砂が実施されている。

(2011-04-05 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

はい‐さ【排砂】

ダム湖の底に溜まった土砂を、水の流れが土砂を運ぶ力を利用して、下流に排出すること。ダムの下部にあるゲートを開いて、土砂を押し流す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

排砂の関連キーワード排砂ゲート角幡唯介三門峡

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

排砂の関連情報