土砂(読み)ドシャ

デジタル大辞泉 「土砂」の意味・読み・例文・類語

ど‐しゃ【土砂】

つちと、すな。「土砂崩れ」
土砂加持を行った砂。種々の功徳があるとする。お土砂。
[類語]土石礫土土壌土地大地壌土赤土黒土緑土黄土凍土ローム粘土陶土はに壁土アンツーカー腐植土腐葉土シルト残土

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「土砂」の意味・読み・例文・類語

ど‐しゃ【土砂】

  1. 〘 名詞 〙
  2. つちとすな。どさ。
    1. [初出の実例]「みがかざれば石瓦のごとし。行わざれば土砂に似たり」(出典:九冊本宝物集(1179頃)一)
    2. 「此地を賜りて、郭中の者自分として、土砂(ドシャ)をはこび入れ」(出典評判記色道大鏡(1678)一三)
    3. [その他の文献]〔揚雄‐逐貧賦〕
  3. 光明真言によって土砂加持を行なった砂。→お土砂(どしゃ)土砂加持(どしゃかじ)
    1. [初出の実例]「行人あて、土沙(トシャ)を加持して亡者墓所にちらせは、土沙(トシャ)より光明を放て亡者の魂を導き」(出典:米沢本沙石集(1283)二)

ど‐さ【土砂】

  1. 〘 名詞 〙どしゃ(土砂)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android