土砂(読み)ドシャ

精選版 日本国語大辞典の解説

ど‐さ【土砂】

〘名〙 =どしゃ(土砂)

ど‐しゃ【土砂】

〘名〙
① つちとすな。どさ。
※九冊本宝物集(1179頃)一「みがかざれば石瓦のごとし。行わざれば土砂に似たり」
※評判記・色道大鏡(1678)一三「此地を賜りて、郭中の者自分として、土砂(ドシャ)をはこび入れ」 〔揚雄‐逐貧賦〕
② 光明真言によって土砂加持を行なった砂。→お土砂(どしゃ)土砂加持(どしゃかじ)
※米沢本沙石集(1283)二「行人あて、土沙(トシャ)を加持して亡者の墓所にちらせは、土沙(トシャ)より光明を放て亡者の魂を導き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土砂の関連情報