土砂(読み)どしゃ

精選版 日本国語大辞典「土砂」の解説

ど‐しゃ【土砂】

〘名〙
① つちとすな。どさ。
※九冊本宝物集(1179頃)一「みがかざれば石瓦のごとし。行わざれば土に似たり」
※評判記・色道大鏡(1678)一三「此地を賜りて、郭中の者自分として、土砂(ドシャ)をはこび入れ」 〔揚雄‐逐貧賦〕
② 光明真言によって土砂加持を行なった砂。→お土砂(どしゃ)土砂加持(どしゃかじ)
※米沢本沙石集(1283)二「行人あて、土沙(トシャ)を加持して亡者の墓所にちらせは、土沙(トシャ)より光明を放て亡者の魂を導き」

ど‐さ【土砂】

〘名〙 =どしゃ(土砂)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「土砂」の解説

ど‐しゃ【土砂】

つちと、すな。「土砂崩れ」
土砂加持を行った砂。種々の功徳があるとする。お土砂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android