コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻き暮れる/掻き暗れる カキクレル

デジタル大辞泉の解説

かき‐く・れる【×掻き暮れる/×掻き暗れる】

[動ラ下一][文]かきく・る[ラ下二]
(「涙にかきくれる」の形で)ひたすら泣く。「うれし涙に―・れる」
空などがすっかり暗くなる。
「きのふけふ富士の高嶺は―・れて清見が関に降れる初雪」〈清輔集
気持ちが暗くなる。
「たらちねのあらばといとど―・れて涙にまよふ敷島の道」〈新千載・雑〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

掻き暮れる/掻き暗れるの関連キーワード掻い暮れたらちね

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android