コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原清輔 ふじわらの

百科事典マイペディアの解説

藤原清輔【ふじわらのきよすけ】

平安後期の歌人,歌学者。《詞花和歌集》を撰した藤原顕輔の子。12世紀中期の歌壇に重きをなし,藤原俊成御子左(みこひだり)家と拮抗する六条家の主柱としてその歌学を大成した。
→関連項目袋草紙

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原清輔 ふじわらの-きよすけ

1104-1177 平安時代後期の官吏,歌人。
長治(ちょうじ)元年生まれ。藤原顕輔(あきすけ)の子。母は高階能遠の娘。太皇太后宮大進(だいじょう)となり,正四位下にいたる。歌道の六条家をつぎ,その全盛期をきずいた。「奥儀抄(おうぎしょう)」「袋草紙」などの歌学書をあらわし,「続詞花和歌集」を私撰。勅撰集には「千載和歌集」以下に89首がはいっている。安元3年6月20日死去。74歳。家集に「清輔朝臣集」。
【格言など】長らへばまたこのごろやしのばれむ憂しと見し世ぞ今は恋しき(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原清輔

没年:治承1.6.20(1177.7.17)
生年:長治1(1104)
藤原氏北家末茂流。父は左京大夫顕輔,母は長門守高階能遠の娘。初名は隆長。父との不和のため,官位昇進は停滞し,正四位下皇太后宮大進にとどまる。40歳代なかばまで無位無官の状態が続いたこともあって,詠歌の機会に恵まれず,久安6(1150)年『久安百首』への出詠が,公的な和歌行事への最初の登場であった。百人一首に採られた「ながらへばまたこの頃やしのばれむ憂しと見し世ぞ今は恋ひしき」は,30歳代の不遇な時期の心境を詠じたものである。その後は,崇徳上皇,二条天皇,九条兼実らの信任を得,数多くの歌合の判者を務めるなど,盛んな和歌活動を展開。父の没後は,歌道家六条家を継承して,御子左家の藤原俊成と共に,歌壇の指導者的地位を占めた。家集に『清輔朝臣集』があるほか,私選集『続詞花和歌集』を編纂。『奥義抄』『和歌一字抄』『袋草紙』『和歌初学抄』などの歌学書を執筆し,『古今和歌集』『後撰和歌集』の書写,校訂を行うなど,歌学者として大きな業績を残す。一方で,歌人としても,『歌仙落書』がその歌風を「風体さまざまなるにや。面白くも,また寂びたることも侍り。たけ高き筋や後れ侍らむ」と評するように,多種,多様な作風の和歌を詠じている。<参考文献>『千載和歌集とその周辺』(『谷山茂著作集』3巻),井上宗雄『増補版 平安後期歌人伝の研究』

(加藤睦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのきよすけ【藤原清輔】

1104‐77(長治1‐治承1)
平安末期の歌人。顕輔の子。正四位下太皇太后宮大進。六条家重代の指導者として御子左(みこひだり)家と対抗,伝統派を代表する宏才とうたわれた。《続詞花和歌集》編纂のほか,《袋草紙(ふくろぞうし)》《奥儀抄》《和歌初学抄》《和歌一字抄》などの歌学書を執筆,制度化された歌道を集大成,関白九条兼実の和歌師範もつとめた。〈永らへばまたこの頃や偲ばれむ憂しと見し世ぞ今は恋しき〉(《新古今集》巻十八)が著名である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじわらのきよすけ【藤原清輔】

1104~1177) 平安末期の歌人・歌学者。顕輔の子。正四位。太皇太后宮大進。六条家の中心人物。「続詞花和歌集」を撰した。晩年御子左家の俊成と対峙。著「和歌初学抄」、家集「清輔朝臣集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原清輔
ふじわらのきよすけ

[生]長治1(1104)
[没]安元3(1177).6.20.
平安時代後期の歌人。歌学者。顕輔 (あきすけ) の子。正四位下皇太后宮大進。『久安百首』 (1150) の作者となり,多数の歌合に出詠,判者となった。二条天皇の勅により『続詞花和歌集』を撰進しようとしたが,永万1 (65) 年崩御のため果せず,私撰集にとどまった。承安2 (72) 年『尚歯会和歌』を主催。『袋草紙』『奥義抄』『和歌初学抄』『清輔雑談集』『和歌一字抄』などの歌学書を著わし,古典の書写や校合も行なった。また『和歌現在書目録』も義弟顕昭らと共編したという。『千載和歌集』以下の勅撰集に約 90首入集。家集『清輔朝臣集』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原清輔
ふじわらのきよすけ
(1104―1177)

平安後期の歌人、歌学者。六条家の始祖顕季(あきすえ)の孫、顕輔の子。官途の昇進が遅く47、8歳まで従五位下、以後太皇太后宮大進(たいこうたいこうぐうだいじん)、正四位下に至った。父との不和で顕輔の撰(せん)した『詞花(しか)集』を非難したが、1155年(久寿2)顕輔から柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の影像を授けられ歌学の六条藤家(ろくじょうとうけ)を継ぐ。多くの歌合(うたあわせ)、歌会に参加または主催し、判者を務めた。博学の人として知られ、『奥義抄(おうぎしょう)』『和歌一字抄』『袋草紙(ふくろぞうし)』『和歌初学抄』などの歌学書を次々に書いた。また二条(にじょう)院の崩御のため勅撰集にならなかったという『続詞花(しょくしか)集』、義弟顕昭(けんしょう)と共編の『和歌現在書目録』、現在伝わらないものに『題林』『牧笛記』『注古今』などがある。『清輔本古今集』をはじめ古典の書写校勘にも励む。顕昭とともに実証的な六条家の学風を大成し、藤原俊成の御子左(みこひだり)家に相対した。詠歌は伝統的な落ち着いた作にみるべきものがあり、家集に『清輔朝臣(あそん)集』がある。[藤岡忠美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藤原清輔の言及

【奥儀抄】より

…平安後期の歌論。藤原清輔著。1124年(天治1)から44年(天養1)ごろに著され,はじめ崇徳天皇に,のちに増補して二条天皇に奉られた。…

【袋草紙】より

…平安末期の歌論。藤原清輔著。上下2巻。…

※「藤原清輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

藤原清輔の関連キーワード殷富門院大輔読人不知歌ただごと歌古来風躰抄勅撰和歌集清原深養父藤原頼輔近代秀歌藤原公重宇治橋姫源師光私撰集三代集本歌取承安歌論永万文月如月回文

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android