コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新千載和歌集 シンセンザイワカシュウ

大辞林 第三版の解説

しんせんざいわかしゅう【新千載和歌集】

第一八番目の勅撰和歌集。二〇巻。足利尊氏執奏、後光厳天皇下命、藤原為定撰。1359年成立。約二三六〇首。足利氏の執奏により朝廷が撰集の命を下すのが、この集以後の例となった。新千載集。新千載。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

新千載和歌集の関連キーワード邦省親王家少将新葉和歌集二十一代集綾小路敦有中御門経宣西園寺実俊欣子内親王薬師寺公義中御門宣明徽安門院三条公明崇光天皇細川頼之日野名子二条為定十三代集源顕実母武田信武二条為重東常顕

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android