新千載和歌集(読み)しんせんざいわかしゅう

精選版 日本国語大辞典 「新千載和歌集」の意味・読み・例文・類語

しんせんざいわかしゅう シンセンザイワカシフ【新千載和歌集】

南北朝時代の、一八番目の勅撰集。二〇巻。歌数は約二三六五首。延文元年(一三五六後光厳天皇の勅により藤原為定が撰し、同四年成立。代表歌人は、藤原為世・為定・為氏、伏見院、後宇多院など。新千載集

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「新千載和歌集」の意味・読み・例文・類語

しんせんざいわかしゅう〔シンセンザイワカシフ〕【新千載和歌集】

室町前期の勅撰和歌集。20巻。正平11=延文元年(1356)後光厳天皇の勅により、藤原為定が撰し、延文4年成立。歌数約2360首。代表歌人は藤原為定・藤原為世藤原為氏など。新千載集。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暖冬

冬期3カ月の平均気温が平年と比べて高い時が暖冬、低い時が寒冬。暖冬時には、日本付近は南海上の亜熱帯高気圧に覆われて、シベリア高気圧の張り出しが弱い。上層では偏西風が東西流型となり、寒気の南下が阻止され...

暖冬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android