コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掻き菜 カキナ

デジタル大辞泉の解説

かき‐な【×掻き菜】

アブラナ科の越年草。春に伸びる若い茎を掻き取り、食用とする。あくが少なく歯ごたえがよい。北関東を中心に栽培される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

掻き菜の関連キーワードアブラナ科