コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

描(き)友禅 カキユウゼン

デジタル大辞泉の解説

かき‐ゆうぜん〔‐イウゼン〕【描(き)友禅】

手がきで模様を染め出す友禅染下絵の線にそって糊(のり)を細く置き、その輪郭の中に筆や刷毛(はけ)で色を塗って染める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

描(き)友禅の関連キーワード田畑 喜八(3代目)上野 為二山田 貢手描友禅長野県千葉県東京都京友禅友禅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android