コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚がり座敷 アガリザシキ

デジタル大辞泉の解説

あがり‐ざしき【揚がり座敷】

江戸時代、五百石以下御目見(おめみえ)以上の旗本の未決囚を収容していた幕府の牢屋(ろうや)。監房は独居制で、江戸小伝馬町の牢屋敷の一隅にあった。→揚がり屋

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

揚がり座敷の関連キーワード揚がり屋・揚り屋