一隅(読み)いちぐう

精選版 日本国語大辞典「一隅」の解説

いち‐ぐう【一隅】

〘名〙
① 一方のすみ。片すみ。
※山家学生式(818‐819)「照于一隅此則国宝」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「坐舗(ざしき)の一隅(いちグウ)を顧みると」 〔呂氏春秋〕
② 一つの方面や部分。また、ある一つの考え方や見解。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「所以、挙一隅同門者也」
※後鳥羽院御口伝(1212‐27頃)「姿まちまちにして、一隅をまもりがたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一隅」の解説

いち‐ぐう【一隅】

一方のすみ。かたすみ。一角。「庭の一隅
ある一つの考え方や見解。また、物の一端しか見ない考え方。「一隅の管見(かんけん)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android