一隅(読み)いちぐう

精選版 日本国語大辞典「一隅」の解説

いち‐ぐう【一隅】

〘名〙
① 一方のすみ。片すみ。
山家学生式(818‐819)「照于一隅此則国宝」
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「坐舗(ざしき)の一隅(いちグウ)を顧みると」 〔呂氏春秋
② 一つの方面や部分。また、ある一つの考え方や見解
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「所以、挙一隅同門者也」
※後鳥羽院御口伝(1212‐27頃)「姿まちまちにして、一隅をまもりがたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「一隅」の解説

【一隅】いちぐう

四隅中の一隅。片すみ。〔論語、述而〕一隅を擧げて、三隅を以て反せざれば、則ち復(ふたた)びせざるなり。

字通「一」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ビッグテック

世界で支配的な影響力をもつ巨大IT企業の総称。一般に、米国のGAFAガーファまたはGAFAMガーファムとよばれる企業群を指す。テックジャイアント。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android