一隅(読み)イチグウ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぐう【一隅】

一方のすみ。かたすみ。一角。「庭の一隅
ある一つの考え方や見解。また、物の一端しか見ない考え方。「一隅の管見(かんけん)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐ぐう【一隅】

〘名〙
① 一方のすみ。片すみ。
※山家学生式(818‐819)「照于一隅此則国宝」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「坐舗(ざしき)の一隅(いちグウ)を顧みると」 〔呂氏春秋〕
② 一つの方面や部分。また、ある一つの考え方や見解。
※性霊集‐二(835頃)大唐青龍寺故三朝国師碑「所以、挙一隅同門者也」
※後鳥羽院御口伝(1212‐27頃)「姿まちまちにして、一をまもりがたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一隅の関連情報