牢屋敷(読み)ろうやしき

精選版 日本国語大辞典「牢屋敷」の解説

ろう‐やしき ラウ‥【牢屋敷】

〘名〙
牢屋を構えた一区域の土地屋の敷地。
※増補田園類説(1842)上「検地之事〈略〉穢多屋敷、牢屋敷、蔵屋敷は前々より高外に候共」
② 江戸時代、未決囚を拘留した場所。江戸小伝馬町牢屋敷は町奉行支配に属し、囚獄(牢屋奉行)石出帯刀が管理した。
※禁令考‐前集・第三・巻二三「囚獄 高三百俵 石出帯刀 牢屋敷坪数 一 弐千六百七拾七坪余」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android