コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚巻結び アゲマキムスビ

2件 の用語解説(揚巻結びの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あげまき‐むすび【揚巻結び】

ひもの結び方の一。輪を左右に出し、中を石畳(いしだたみ)に結び、房を垂らす。文箱(ふばこ)や御簾(みす)などの飾りに使う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あげまきむすび【揚巻結び】

ひもの結び方の一。左右に輪を出し、中を石畳のようにした飾り結び。鎧よろい・御簾みすなどに用いる。あげまき。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揚巻結びの関連キーワード相生結び男結び女結び華鬘結び蝶結び角結び封結び東結び兎結び輪結び